クレジットカードの恐怖



-------------------------------------------------------------------------------------------------------



突然ですが、ニュースなどでたまに耳にする「スキミング」という言葉、ご存知ですか?クレジットカードの情報をごっそり盗まれることなんですが、大抵は背景に大きな犯罪組織があり、その手口も毎年巧妙になっているようです。私もニュース番組の特集などでそれ自体は知っていたのですが、まさか自分がその被害に遭うまで(!)は遠い世界の話という感じでした。



☆ 被害に遭ったのを知ったきっかけ



いつもは2週間近く開封しないでほったらかしているクレジットカードの明細書。めずらしく母がその中身を見てみると、5月24日から26日の間に19万円の買物を発見。「忙しい時に何また無駄遣いしてるの 怒り !」と母に怒られ、びっくりした私が目を通してみると…「グレードワン」「バグース」「ショウワシェルセキユ」と、全く見に覚えのない名前がずらり。そこで初めて被害に遭ったことを知ったのでした。



☆ なぜそれまで気づかなかったか



一番不可解なのが、その間クレジットカードはずっと私の財布の中にあったこと。でもどう逆立ちしてもそれらショップに私が足を運んだ覚えも無く(そもそも車の免許も持たないのに何故ガソリンスタンド何ぞに用があるの??)それに日本では代官山と銀座以外では買物はしないはず…。



もしかしてネットで?



そういえば、ゴールデンウィークの沖縄旅行、楽天トラベルを使ったな…。それに最近、仕事で必要な検針器をネットで注文したかも…。セキュリティーホールから私のカード情報が漏れた?



でもよくよく考えたらそれらは口座振り込みだったし、一体何故??



☆ 変だと思ったらすぐにすること



まずは、そのカードを(そして他にカードがある場合は他のまだ被害に遭っていないカードも)即ストップさせること。幸いその作業は24時間できるのですが、そこで私は更に恐怖を聞かされました。「5月25日付けなんですが、6月締め分に回って来た為、まだそちらに記載はされていないのですがまだ怪しいのが98万円あります」。98万+19万円って…117万円 冷や汗 ?? サーッと血の気が失せた私は、思わず電話口で「どうやったらそんな金額が抜け抜けと使われてしまうの?普通だったら店側とクレジットカード会社側で変だと思い、確認の電話とかするはずでしょ ぶー!」と怒鳴ってしまいました。



そこで知らされたことなんですが、過去に高額の買物履歴がたびたびあったり、使用制限額が150万円以上のゴールドカード、もしくはそれ以上である場合、カード会社からもそのような確認の電話はあまりなされないとのこと。という事は、クラシックカードの方がこのような被害に遭った場合、すぐに分かる可能性が高いのかもしれません。



☆ いざ警察へ



カード会社の人から警察に被害届を出すように言われ、翌日即目黒警察署に行ったのですが、そこで更に驚いた事を言われました。



「法律的に、あなたは被害者ではないのです。」



ハハァパクッ?120万円近くも使われて、どうして私が被害者でないのよ???



そこで色白の刑事さんが本を出してきて、その”事例”を読み上げてくれました。その本曰く、明らかにカード保持者の責任でなく不正使用された場合は保険が支払われるので、結果的に損するのはカードを使われた店側とのこと。故に、私が被害届を出すことはできないとのこと。



う〜ん、どうも腑に落ちぬ。



だって、精神的に相当やられちゃったわよ ポロリ



ただそれよりも仰天したのが、肝心の警察自体が今のスキミングの状態を全く理解していないこと。映画の見過ぎの私の方がよっぽど、カードのシステムや盗む手口を知っていたのです。



☆ 何故カードがずっと手元にあったか



そこで、刑事さんに「最近エステや海外に行きましたか?」と聞かれました。う〜ん、確か最後にスパらしきスパしたのはこの3月だったはず。それにマンダリンオリエンタルとかだったら絶対にそんな事は起きないのでその線は無しでしょ。



「では外国人経営のバーなどは?」う〜ん…最近は近所のしか行ってないし…







 …あ、そう言えば… 工具



---------------------------------------------------------



続きはまた次回!


サラ・ジェシカ・パーカーがデザイン・ディレクターに!



--------------------------------------------------------------------------



マドンナもデザイナーしたことだし、いずれこんな話は聞くだろうと予想はしていたのですが、なによりも売られているお店にびっくりです。



言わずと知れた「Sex and the City」の大スター、SJPの作るライン、"Bitten"は、普通のニューヨーカーらしい、シンプルだけどキュートなエレメントがたっぷりのカジュアル・ブランド。その”噛まれちゃった”というネーミング・センスもキュートですが、何よりもプライスもウルトラキュート!ほとんどのアイテムが20ドル以下(NYでのランチ代以下!!!)で買えてしまうのだから、きっともの凄い行列ができるのか…と思っていたら、何と独占的に売られるのは”Steve and Barry's"というショップ。



初めて聞くその名前を調べてみたところ、それは1985年より創業のニューヨークを本拠地にしたカジュアル・アパレル店とのこと。今は高品質のアイテムを$19.98以下で売ることをモットーに、200点余りのショップがアメリカ全国のショッピングセンターやモールに点在しているそう。



そのスティーブ&バリーズでのベストセラーはNBAスターのStephon Marbury による$14.98のスニーカー、"Starbury" 。マーベリー自身もNY Knicksのコートでその靴を使用し、スニーカーに今まで泣く泣く$100以上の大金を叩いていた全米のプアな男の子たちにも自信を与えているとのこと。



その話に涙したSJPは、全ての人にもファッションを楽しめるように、というスティーブ&バリーのコンセプトに共鳴し、それでこのブランドが立ち上がったんですって。と言うのも、サラ・ジェシカ・パーカー自身が「セックス&ザ・シティー」で大当たりするまでは辛い時代を送っていて、特に幼少時代などは生活保護を受けていたこともあった、と"TODAY"のインタビューで応えています。そんなお金のない人でも、ファッションを楽しむ権利はある…

そしてそれがそのまま"Bitten"のスローガンともなっているのです。



FASHION IS NOT A LUXURY . IT'S A RIGHT .



確かに、本当におしゃれな人はプラダやマノロだけではなく、さり気なくギャップやボロボロのヴィンテージだって着てしまう…。問題は、コーディネートのセンスと何が”本物”かを見抜く目(そして経験)によって、本当のおしゃれさんかそうでないかが決まるのかもしれません。



さて、皆さんにとってのFASHIONとは?





LINKS

--------------------------------------------------------------------------



BITTEN         :http://www.bittensjp.com/



Steve & Barry's     :http://www.steveandbarrys.com/





☆ トラックバック・コメントに関するお知らせ ☆



最近30分おきのペースでどうしようもない内容のTBを受け取ります。今のところ、100%が"sblo.jp" で終わる”さくらのブログ”からなので、良識あるさくらブロガーの方には大変申し訳ないのですが、さくらブロガーからのコメント・TBは一切受け取り拒否にさせて頂きました。困惑

おすすめの代官山ランチ (1)







Cuore Di Roma (イタリアン)



「ローマの心」という名だけあり、素材、量、そしてもちろん味と値段!申し分ない

イタリアン。全国から取り寄せている新鮮素材を活かしたシンプルな味付けは、お酒で疲れた

胃をも優しく包んでくれます。新鮮でたっぷりのオーガニックグリーンの上にふんだんに

盛られたカルパッチョ、そしてもちもちっとした食感がこの上なく癒されるペンネは特に

お勧め!ランチ時は+300円で食事にぴったりのワイン/スプマンテ/オレンジジュース等をオーダーする事ができ、オーナーの食に対する心遣いを感じることができます。





写真は前菜のカツオのカルパッチョ。たっぷりのグリーンが嬉しい。





同じく前菜で好きなフリット。





今日のペンネは野菜ベース。でも個人的に一番好きなのはゴルゴンゾーラのペンネ!





ペンネと並んで好きな「ヤリイカのスパゲティー」。白ワインと一緒に。



ランチ1575円〜

http://www.ecoitalia.co.jp/







海苑 (中華)



ここの黒酢酢豚は病みつきになるか、好きでないか、人によってはっきり分かれますが、

私の場合、中毒になりました。夜に楽しめるのと同等のメニュー(ハーフサイズ)2品+スープ+ご飯+漬物+デザート+ドリンクで1680円は、隣の東急アパートメントで一生懸命働いている私へのご褒美??と思ってしまう程ありがたいセットです。



ランチ1680円〜





Hillside Pantry (デリ)



言わずと知れた人気輸入食材店。でも一番のお勧めはここのデリ!毎日のように変わる

ランチセット(787円ドリンク無し)はアジア系/カレー系/イタリア系/アメリカンと幅広いバラエティーが楽しめ(しかも閉店の7時までOK!!)毎日のように通っても飽きが来ません。

http://daikanyama.st/hpd/





Papa Antonio's (イタリアン)



代官山はつくづく、イタリアンの町だと思いますが、先にご紹介したクオーレと並んで好

きなのがこちら。歴史はパパ・アントニオの方がはるかに長くから代官山にあるのですが、しっかりした伝統の味と手打ち系パスタの食感がたまりません。がらんとした雰囲気(しかも天井はステンドガラス+蛍光灯??)で一瞬入りづらい感じかもしれませんが、私のお勧めは一番奥の窓際の所で壁を背にした席(壁を見なくてはならない相手は可愛そうですが)。一瞬、代官山にいる事を忘れさせてくれそうな不思議な感覚でちょっとしたトリップが楽しめます。味はもちろん全てお墨付きなので特に解説しません。



ランチ1500円〜

http://www.papa-antonio.com/index.html







☆ 小腹がすいた時 ☆



Sign (カフェ)



駅前の気楽なカフェ。濃厚なスイーツが食べたくなった時、もしくはディナー前の

ちょっとした腹こしらえにスープ&パンをよく利用します。ただランチは私の苦手なモツや

スジ系が多い気がするので、ちょっと敬遠…。それにタバコ吸う人が極めて多いので、

人が少ない時を狙うのがお勧め。





Unice (カフェ)

ここは特に美味しいって訳ではないのですが、夕方小腹がすいた時(でも甘い物は厭な

時)に利用します。タコス(@300円で2枚よりオーダー可)とスミルノフで疲労回復!

下のクラブ「ユニット」とつながっているので朝まで利用できるのも嬉しいところ。



http://www.unice.jp/





☆ 番外編 ☆



パウンドケーキを食べたくなったら



Ennismore Garden's (カフェ)



西郷山公園周辺をぶらぶらしてちょっと息抜きをしたくなった時にお勧め。天気のいい

散歩途中に、外の小さなガーデンを眺めながら上品な味のパウンドケーキと紅茶をゆっくりと

頂くだけで、何だか癒されます。それはそうと、ここの床、素敵なので是非チェックしてみて!



http://www.ennismore.jp/





-----------------------------------------------------------------------



☆ 代官山の新レストランニュース ☆



通勤途中にある為、ほぼ毎日のように前を通っていたシンポジオン。本来ならばここも同窓会用等にお勧めの店として取り上げるべきだったのですが、なんせ4月に閉店。何故か次は勝手に家具屋さんだと思い込んでいた私ですが、来る6/19日、『メゾン ポール・ボキューズ』としてリニューアル・オープンするんですって。同じヒラマツ系なのでちょびっと古っぽい内装であることが予想されますが、ともかく、はるばるリヨンまで行かなくてもボキューズ氏の味が楽しめるのは嬉しいところ。「代官山ランチ特集」第二弾の時にでもご紹介致します。
最近ひしひしと感じることなのですが、日本ほど食に恵まれている国ってないと思います。特にレストランの質の高さは、世界ナンバーワンかもしれません。



と言うのも、美味しい割に非常に低価格で楽しめるからです。例えば、東京で1000円から1500円で楽しめるランチをニューヨークかロス辺りで頂こうと思うと、35ドルくらい行ってしまうケース、多々としてありますよね。向こうはアラカルトが殆どなので、サラダに8ドル、メインに14ドル、コーヒーに4ドル…それに昔15%が相場であったチップ、今都市部では20%になっているって、ご存知でした?サービスが悪い場合は少なめでもいいのですが、だからといって少なく置いたら店の人が追いかけて来たって話も…。嘘か本当か分かりませんが。



こんな話になったのも、つい最近のロサンジェルス・タイムズにて仰天する記事を読んだからです。



  『"淫らになっちゃった寿司"がコンセプトのウェスト・ハリウッドの”Hadaka Sushi"、

  体験料が2100ドル(食事代は別)』



さて体験料って何かしらと思い読み進むと、それは素っ裸のモデルにバナナの葉を置き、その上に寿司を置いて食べるというもの…



気持ち悪 唖然!!!



寿司屋のサイトを覗いてみたら、その名は「女体盛り」。しかも、モデルは女性と男性、両方選べるとのこと…。



超気持ち悪 撃沈!!!!



寿司って温度が命でしょ!何でアメリカ人ってそんな大金払って不味いもの食べるんだ…。

さらにその記事では



  『友達に数百ドルの接待を惜しまない25−35歳代』

  『一晩のボトル代に5、600ドル』



これって日本のバブル期にはよく聞いた懐かしい話ですね。でも確かに、アメリカの友人達に聞いてみると一日の食事代は朝昼晩で100ドルくらいが平均って言っているし…。調べてみると私も向こうに出張の時、切り詰めているはずなのに一週間500ドルくらいは行ってるし…。



この記事を読んだ後、普段何気なくしていた代官山ランチがこの上なく貴重なものに思えてきました。



ということで、次回は代官山のお勧めランチ・スポットをご紹介致します!





--------------------------------------------------------------------------

LINKS



私が仰天した記事     

http://www.baltimoresun.com/news/nationworld/balte.ivy03jun03,0,4681989.story?coll=bal-nationworld-headlines



Hadaka Sushi      

http://www.hadakasushi.com
大ぶりのアクセサリーが去年頃からアンティで大ヒットしていた、とは何度かお伝えしていますが、ついに、テレビにまで紹介されることになりました!



そ・れ・も



日テレの「おネエ☆MANS」です。



土曜の夕方ということで、私は残念ながらまだ一度もその番組を拝見したことは無いのですが、その番組名が表すように、IKKOさん、假屋崎省吾さん、植松晃士さん等…男なのに男でない(その分ファッションや新しい物にはウルトラ敏感!)な方々が様々なことをネタに取り上げるという内容だそうです。







今回はアンティのおおぶりアクセサリーが全部で12点その番組で紹介されることになったのですが、ディレクターの方曰く、IKKOさんがアクセに発狂!ものすごく気に入られて即イヤリングを購入されたとのこと。もちろん番組でも着用(しかも翌週収録の時も着用されてるとのこと)なので、是非皆さんチェックしてみて下さい!



ちなみに、放映は6月16日土曜の17:30〜18:00です。



--------------------------------------------------------------------------

LINKS



http://www.ntv.co.jp/one-mans/