昨日は同窓会のようなもので久々に三田に行く機会がありました。

大学は藤沢の方に行ってしまったため三田キャンパスはあまり馴染みないのですが、高校が大学のほぼ隣にあったことから、3年間だけその界隈をうろうろしていたことが。

ああ、あの淡いグレーの事務服のような制服を着た3年間。
ぷくぷくと一番成長盛りでおしゃれを楽しみたいその時期に、何故あのようなひどい制服を着なくてはならなかったのか。。。(とは言え実は私服登校でも良かったのですが、周りが全員制服だったので💦)

そして同級生が集まると必ず話題になるのが、周辺にあったお店のこと。

「○○のあんみつ食べてた?」「○×、赤坂に引っ越ししたんだよ」でも私はいつも森永ビルの中にあった古めかしい売店(今もあるのかしら?)でざら菓子専門だったので覚えておらず、いつも寂しい気分になるのです。

そして昨日、ふと足を踏み入れてみた慶応仲通り。

こんなだったっけ??と余りにもの風景の変わり様にしばし放心状態。

でも変わらずそこにあったのは図書館;今も変わらず地味〜なまま。

あそこで長いこと、ジョン・アーヴィングやポーなど貪り読んでいたな。。。とあの頃の自分を思い出し、ふと涙が出そうになりました。




ああ、あれから何年経つのでしょう。。。






関連する記事
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL